「ケーキはなんこ?」遊びと片づけで身につくかずの理解

こんにちは

大阪うえまち
片づけ×知育
お片づけアカデミー あらき かよです

子どもが数を数えるようになったり
数字が読めるようになったりするのは
成長を実感できて
ママとして、とてもうれしい♡

でも、1から10まで言えるからと言って
「ケーキはいくつあるかな?」

と聞いてみたら
「…」ってなることありませんか?


「1.2.3.4.5」と言えることと
「5つあるよ」
と、量を正しく理解して答えることは
別の話なんです。


片づけのときに
おもちゃをひとつずつ数えるのは
お風呂で数を数えるよりも
ずーっとおすすめ!


数え終わったら、最後に
「いくつあった?」と聞いてみてください。



はじめは、答えられなかったり
もう一度
「いーち、にー…」
と、数え始めたりします。

でも、訂正したり
やり直しはさせないで!

一緒にひとつずつ指を添えて
数えることに意味があります!

自然に身につくまで
あせらず気長に
一緒に数えてあげてくださいね。

「お菓子は、5つだよ」
と、自然に言えるようになるころには


これも、5



大きさや、並べ方が違っても 5



ぜーんぶ 5
「5」が、分かるようになってきます。

いろんなものを
なんども数えたからこそ身につく
数の理解。

数字を書く練習をするのではなくて
毎日の暮らしの中で
いろんな学びがあることを
片づけを通してお伝えします。


片づけは、暮らしの中の知育です。









お片づけアカデミー

大阪うえまち 片づけで知育 片づけは暮らしの中の知育です

0コメント

  • 1000 / 1000