幼児教育に神経をすり減らしているお母さんへ

こんにちは

大阪うえまち 片づけで知育 「お片づけアカデミー」

あらき かよです。



知能育成の教室で働いている私。


教室で、教材を使ってレッスンしていることと、

片づけることには、

とても共通項が多い!


そう思って、

ライフオーガナイザー🄬の資格を取りました。



今も、幼児教室でも仕事をしている中で、

最近思うこと。


世の中の幼児教室や、幼児向けの習い事、

そして、私も、


大事な目的って、同じ?

やろうとしてることも、同じじゃないかな?


そんなふうに、感じるようになりました。



大事な目的はもちろん

「子どもの幸せ」





やろうとしてることは、


こどもに

① いろんなことを感じて

② いろんなことを考えて

③ いろんな体験をしてほしい

ということ。


幼児教室や、幼児むけの習い事って、

世の中には本当にたくさんあって、

一見、それぞれのメソッドを謳っているように思えます。


私の働いている幼児教室でも、

教材や、カリキュラム、教室独自の取り組みを、

自信をもってお届けしています。


でも、理念やメソッド、

教材やカリキュラムは違っても、

やろうとしてることは結局

この3つじゃないかと思うんです。


それを、

● 知能育成

● 小学校受験合格

● 豊かな心

● 思考力

● 生きる力

● 想像力

● 表現力

● 読解力

  などなど


脳科学との関わりや、時代の流れの中で求められている教育や、

それぞれの家庭の教育方針に合わせて、

「いろいろな言い方」をしている。


そんなふうに、感じるようになりました。

もちろんこれは、

私の個人的な考えなんですけど…


大切なのは、理論よりも実践。

教材やレッスンの方法そのものより、

教材やレッスンで

どんなことを感じて、

どんなことを考えたのか?

他の子の「成果」ではなく、この子の「笑顔」


教室や習いごとを選ぶときは、

そこが大切だと思います。


片づけには、正解はなくて、

自分に合った方法を見つけることで、

自分が楽に暮らせる

ライフオーガナイズ®の考え方です。

ライフオーガナイズ®について詳しくは協会HPへ


幼児教育に神経をすり減らしているお母さんに、

「片づけ」を通して感じてほしいことは、


絶対に正解の「方法」はない

「方法」に子どもを合わせるんじゃなく

その子に合わせた「方法」を選ぶことが大切。


ということだと、改めて思うようになりました。


いろんなことを感じて

いろんなことを考えて、

いろんな体験ができる片づけは、

暮らしの中の知育


毎日の暮らしの中でできることを

これからも、お届けしていこうと思います。


教室のブログでも、

片づけについて掲載しました。

よければ、こちらもご覧くださいね。



お片づけアカデミー

大阪うえまち 片づけで知育 片づけは暮らしの中の知育です

0コメント

  • 1000 / 1000