小2におすすめ!手作り時計で時間の片づけ

こんにちは

大阪うえまち

片づけ×知育  お片づけアカデミー

あらき かよです


小学2年生の算数に

時間の計算が出てきます。


苦手なお子さんも多いのでは?


「1時間は60分だから…」
教えてあげようとすればするほど、
子どもの頭は大混乱!

かえって、分かりにくくさせるかも…


そこで

簡単な材料ですぐにできる

手づくり時計の作り方を

ご紹介します!




自分で針を動かしてみることで
長い針と、短い針の進み方が
どんなふうに違うのか
感じ取ることができますよ。


<材料>

発泡スチロール

ペットボトルのキャップ

クリアファイル

木ねじとナット



<作り方>


①発泡スチロールに

数字を書いたキャップをならべて

位置を決める。




②少しずつ力を入れながら、

くるくるとキャップを押し込む。



③クリアファイルで長針と短針を作り

十字に切込みを入れておく。



➃針をまわしやすくするため、

ねじと発泡スチロールの間に

ナットをはさんでから

針を取り付ける。





できあがり!



針は、紙で作ると破れやすいので

古くなったクリアファイルを使いました。


破れないのに、はさみで簡単に切れるので

ちょうどいい感じ!




さて、作った後は

この手作り時計を使って

夏休みの時間の使い方を

考えてみませんか?



「朝は、7時に起きて

ご飯を食べてから

1時間後に、宿題を始める!」


「もう、8時5分前だ~」


〇分前、〇分過ぎ…

などなど、

時刻のいろんな表現の仕方も

自然に身につきますよ。



工作を楽しめて

時計の理解もできて

時間の使い方も学べる!



算数セットの時計より
自分で作ったほうが断然面白いので
夏休みにぜひ

試してみてくださいね!


お片づけアカデミー

大阪うえまち 片づけで知育 片づけは暮らしの中の知育です

0コメント

  • 1000 / 1000