小2のお子さんにオススメ!牛乳パックで片づけボックス作り

こんにちは

大阪うえまち
お片づけアカデミー  あらき かよです

おうちにある、牛乳パック

片づけのとき
便利に使ってる方も多いのでは?

このままでも
もちろんいいのですが
いちど切り開いて平面にしてから
立体に作り直すことで
お子さんの立体的思考を育むことに
つながりますよ。



ちょうど算数で「長さ」を習ったばかりの

小学2年生向きに

作り方を、まとめてみましたので

ご覧くださいね。


<用意するもの>


●牛乳パック
●定規
●はさみ
●カッターナイフ
●ペン
●下敷き (カッターを使用するので)
●ビニールテープやマスキングテープ


<作り方>

1   牛乳パックの底は、正方形。
一辺の長さを
定規で長さを測って確かめます。


2   今回は、キューブ状にするので
高さは、なん㎝?

まずはこどもに考えさせて
実際に測ってもらいます。




3   どうしたら、まっすぐな線を書くことができるでしょう?

2年生では、まだ「平行」は習ってません。
でも、2箇所に印をつけることで
「どこを測っても、底から7㎝のまっすぐな線」
を書くことができました。



4   ぐるりと一周、線を書いたら
はさみで切ります。
7㎝角のボックスができました。


5  これを、切り開いて
平面にします。



6  白い方を、外側に向けて
もう一度、立体に組み立て、辺と辺をビニールテープでとめます。



7  残った部分で、内側を作ります。
まず、端っこをきれいにカッターで切り落とし

少し小さめの、6㎝8㎜の高さになるようにします。


8  このままでは、厚みがありすぎて
中に入らないので
上のように半分に切って、さらに横の端っこを少し切り落とします。


9  内側にはめ込み、上をビニールテープでとめたら



10  できあがりです!



表も裏も白いので
見た目もグンと良くなるし、
お好みで、シールや、マスキングテープで
仕上げても…


たくさん作っても、材料費がかからないので
お子さんの片づけボックスにぴったりです!

よかったら、作ってみて下さいね。


片づけは
暮らしの中の知育です。



お片づけアカデミー

大阪うえまち 片づけで知育 片づけは暮らしの中の知育です

0コメント

  • 1000 / 1000